【富山県の旅②】黒部峡谷へ〜黒部トロッコ〜

①黒部トロッコ

日本で一番大きい峡谷である「黒部峡谷」を走る

黒部峡谷鉄道のトロッコ電車は片道1時間20分の大自然の旅を満喫できちゃうんです。

かつてこの険しい谷の厳しい自然は、人々を寄せ付けなかったらしいのですが
この黒部渓谷で本格的な電源開発が1919年(大正8年)に始まり、資材運搬用として
鉄道が敷かれることとなったんですって。

当時は、地元の人たちは、無料で乗車できたようですが、観光のお客様が増えたことで
料金を徴収して一般にお客様に開放できることになり、昭和26年10月に禁止されるまで続けられていたそうですよ。

ちなみに昔の切符には「命の保証はいたしません」と書かれていたとか。

ブラックジョークみたいな話ですが、一瞬乗るの躊躇しますよねw

昭和28年運転を再開し、今日までトロッコ電車の愛称で親しまれているんですって。
最高時速は25キロで、平均時速は16キロ。
狭い山腹を走るために、電車の幅は76.2cmと新幹線の半分の細さとなっています。
その方が、大変な線路の工事も半分ですむからだそうです。
たしかに!

でもそのせいで、車内はギュウギュウですけどね。
お盆休みってこともあって、すんごい行列です。
切符を買うにも並んでいたので、前日までにネットで予約することをお勧めします!

では、いよいよ出発で〜す!
黒部トロッコは片道1時間20分もあるため、さぞかしゆっくりできるかと思いきや
全然そんなことはないのです。

なぜなら、富山出身の個性派女優「室井滋」のアナウンスがずーーーーっと流れおり
次々と見所をアナウンスしていくので、カメラをかまえるのにかなり忙しい。
そして、今まで見たことない絶景を撮り逃したくなさすぎて、みんな必死なので
ゆっくる座ってる暇はない!

ゆっくりするのは、帰りの電車で!

私が一番思い出に残ってるアナウンスは、猿橋です。
あちらこちらの山から山へ手すりのない橋がかかっているのですが
これが、猿専用の橋ときいて面白いと思った。
でた!シャア専用ザク、からの、カルビ専用ご飯、ならぬ
猿専用吊り橋!

だから、手すりがないのね!
猿だけに異様に優しい黒部渓谷。
ほかの動物はあまり移動しないのかしら?

残念ながら猿専用吊り橋をわたる猿は見れなかったけど、
帰りのトロッコでは、線路のすぐそばに座る猿を見ることができました!

 

②欅平駅 到着!!

宇奈月駅より終点の欅平駅まで約1時間20分。
もちろん始発の7時57分発に乗ってるので9時12分着!

欅平駅で下車し、黒部川の本流にかかる橋「奧鐘橋」は、高さ43mの絶景の眺めが楽しめる!
そこから少し行くと、人食岩が大きい口を開け待っている!

人食岩↓

ちょっと戻り、猿飛峡を目指すも途中で行き止まり!

通行禁止になっていたため、また戻り河原展望台の足湯へ。
湯加減ちょうどいい!夏まっさかりですが、足湯は大人気!

欅平園地足湯↓

その後、川べりまで降りて川に足をつけると、激冷や!!!
一気に涼しくなったじゃないの!最高!


って事で、他にやることもないので鐘釣駅まで戻ってみることに!

 

③鐘釣駅 到着!

欅平から鐘釣駅まで約22分!
お盆だけあって、観光客が凄すぎて残っている切符がかなり少ない!

鐘釣駅についてすぐに宇奈月駅まで帰る切符も15時39分の一択しかない!
3時間もあるけど、時間つぶせるかしら???
と不安になるほど、何もないwww

と思いきや、無料の温泉が湧き出る川「河原露天風呂」があるじゃないか!

人だらけの、河原露天風呂↓

子供がおもいっきり川で水遊びできるので、ママ・パパ大喜び。

そんな中、私たち四十路の大人二人組みは、
さっき死ぬほと冷たい川に足をつけた実績があるため
半信半疑で川の水を確かめに水に手をつけてみた。
なななんと!あったけ〜〜〜〜!

こんなにあったかいなんて、嘘見たい!
この下流はあんなに冷たかったのに!?
不思議〜〜〜〜!!!

ってことで、大はしゃぎで誰もいない大きな岩の向こうに
行き、マッパでタオル一枚になる初老の夫(44才)。

岩の上からカメラをかまえる私に手を振りながら
川に向かって降りて行った旦那が
次の瞬間!

すってんころりん!!!

腰に巻いたタオルははだけお腹のあたりに乗っている。
倒れたままの旦那と、心配する私。

「写真撮れた?」
彼はそんなことよりも、このハプニングを楽しんでいた!

一期一会。

テンションマックスで起き上がり、川にはいっていく旦那(44才)。
「冷たい!!!!」
という悲鳴とともに震えながら川から這い上がってきた。

たまたま温泉が湧き出てた付近の川に手を入れていただけで
温泉が湧き上がってるとこ以外は冷たい川だった!

だから、こっちには誰もいなかったのか!
ってことで、あったかいお湯を求めてさまよい、すっかりのぼせてしまいました。

 

鐘釣駅の近くで見れる万年雪もぜひお楽しみください!

この季節(お盆)に雪って嘘でしょ!?って。

あんなに陽が当たってるのに雪が溶けないってありえないでしょ!?

遠すぎて肉眼では見えない!

ここだけの話、発泡スチロールで作ってない?って思っちゃってますw

ぜひ、間近で見れるようにしていただきたいと思いました!

それぐらい興味深いです!!

万年雪↓

 

④帰路!鐘釣駅→宇奈月駅

鐘釣駅から宇奈月駅までの帰路の道のりは約一時間。
帰りは疲れ切ってウトウト。

せっかくなので、温泉でも入って帰ろうかと
宇奈月駅にある温泉を探して予約!
温泉に入って、さっぱりして帰りました〜。

 

⑤クオリティの高い回転寿司!
富山は回転寿司のレベルが高いらしいってことで、
ホテルへの帰り道に回転寿司へ寄りました。
これがかなりの大行列で、2時間くらいまってようやく入店できて
お寿司をいただきました。
くら寿司やスシローに慣れている私的には久々のアナログ回転寿司。
回転寿司レーンの中に板前さんが何人かいて、
回っているお寿司をとるか、その板前さんに声かけて注文するスタイル。
なんか、声かけづらい!

ボタンとかないし、タッチパネルもなし。。。
頼んだお寿司が新幹線に乗ってきたり
食べ終わったお皿を入れるとガチャができるシステムがないなんて!
不安!

だけど、お味は本当にめちゃくちゃ美味しかった!
回転寿司にしては、まあまあのお値段ですが
その分、めちゃくちゃ美味しかったですよ!!!

↓板前さんの目を気にしすぎて写真がこれしか撮れなかった!

すし玉
富山県富山市 掛尾栄町 5-8

 

二日目も終了でございます。

三日目に続く。