【大分の旅①】別府で地獄めぐり

かなり前になってまいましたけど、今年のGWに

別府温泉行ってきました。

地獄めぐりですって!

なんて魅惑な響き。

賽の河原で積み上げた石を何度も蹴飛ばされーの

三途の川を渡り終わったら奪衣婆(だつえば)に衣をはぎとられーの

閻魔さまに裁かれーの

地獄に突き落とされて、灼熱、叫喚、阿鼻を彷徨うんですの!?←シノラーの言い方!

と、恐怖と希望に胸を踊らせ地獄をめぐりました。

いや〜すごいよ。

なぜ地獄なのか、、、それは公式サイトに書いてありました。

ここ鉄輪・亀川の地獄地帯は、千年以上も昔より噴気・熱泥・熱湯などが噴出していたことが「豊後風土記」に記せられ、近寄ることもできない忌み嫌われた土地であったといわれています。

そんなところから、人々より、「地獄」と称せられるようになりました。今も鉄輪では温泉噴出口を「地獄」とよんでいます。

ですって!

この、住民に忌み嫌われていた「地獄」を

逆転の発送で、ビジネスにしたのすごくない?

地獄を彷徨っていた御霊ぜんぶ成仏したくない?

って、ことで楽しかった記憶をイラストにまとめてみました。

①じゃんけん鬼

鬼系のゆるキャラはちょいちょいお目にかかるのですが、

この鬼は、竜巻地獄エリアでじゃんけんをしてタオルをくれる鬼です。

ただ、めっぽうじゃんけんが強い鬼なので、要注意!

②ゆでたまご

これも、地獄めぐりではいたるところで見かけるゆでたまごですが、

一発目の「海地獄」ではじめて見たので、テンション上がって5個入りを購入してしまう

痛恨のミス!温泉たまごではなく、ゆでたまごなので、卵の素材のうまさ勝負でやってるので

5個は厳しいw

③ティラミス

プチ商店街みたいな通りで、おもわず美味しそうな看板に目がとまり

木の枡に入ったティラミスをいただきました。

美味しい〜!でも、ボリューミー!味も選べて見た目もシャレオツで

休憩にはちょうどいいカフェタイム!

④足湯

さすが、地獄といえど温泉地。

いたるところで足湯がたのしめます。

けっこう歩きまわるので、ちょいちょい足湯で休憩するのが気持ちい。

⑤竜巻地獄

最後に行った地獄が、竜巻地獄でした。

すごい勢いで噴射する地獄です。

これは、必見。

30~40分に一度吹き上がるので、待ってる間に

鬼とじゃんけんしましたよ。

⑥別府冷麺

これ、初耳!別府に冷麺があったなんて知らんかった!

そして、これ、めちゃ美味しいんです。

広島の冷麺とは全然違う。

麺は小麦粉、そば粉、デンプンで半透明なもちもち麺!

そしてスープは魚介をベースにアレンジされた和風テイスト。

全部飲み干せるほど美味しいのです。

この日伺ったのは「一休の泪」さん。

かぼすこしょうがおいしすぎて、ほんと来てよかった。

一休の泪さんのサイトはこちら>

⑦めちゃラブ鬼

海地獄で買おうか散々迷って買わなかったけど

のちのかまど地獄で再び会ったので購入したぬいぐるみキーホルダー。

ギューーーっと抱きしめあってるのがかわいいw

⑧地獄めぐり

この、タバコのイラストですけど、これがびっくり!

地獄からあがる湯気にむかって、タバコの煙をふきかけると

煙がもくもくもく〜〜〜〜!!!っと発生するシステムなんです。

化学反応なんでしょうけど、ほんと不思議。

ベテランのおっちゃんがさすがにお上手でしたけど、

酸欠になるようで「ほんとうに地獄や」って言ってました。

⑨坊主地獄

これは、2個目にまわった地獄。

泥っぽい質感の地獄で、気泡がまるで坊主の頭のよう!

ずっとみてられるわ〜。

⑩ワニ

ワニ地獄。そんな名前の地獄ではないけど、

もはやワニ地獄と言わんばかりのワニ。

しかも、ワニってほとんど動かないので、

行きているのか死んでいるのか。。。

まさに、ワニ地獄でした。